--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月29日 (土) | Edit |
不昧公御好「若草」は、松江の代表的なお菓子です。
茶人としても後世に名を残した不昧公が茶道の手引きとしてまとめあげた「茶事十二ヶ月」のなかで、
若草は春の茶席の主菓子としてあげられていたそうで、伝統的なお菓子のようです。

しかし、時代共にその製法が途絶えてしまったものを、
明治中期、彩雲堂の初代・善右衛門が古老や茶人の言い伝えをもとに研究を重ね、
「不昧公好み」である若草を蘇らせたと伝えられています。(以上彩雲堂さんのHPより)

若草
「若草」彩雲堂製

初夏の爽やかな緑を思わせる寒梅粉とやわらかい求肥が絶妙なバランスです。

スポンサーサイト
2010年05月25日 (火) | Edit |
母の温泉土産です。
有馬温泉の金湯を楽しんで来たようでーす。

有馬土産
この焼印ストレートで素敵ですねぇ。
「ここに行って来ましたよー」とお菓子が教えてくれます。
2010年05月23日 (日) | Edit |
茨城空港へ遊びに行ってきました。
コンパクトな建物で、ローコストが売りの空港です。
羽田空港などと比べてしまうとホントにこれで大丈夫なの?
というくらい小さくまとまっています。
一番すごいのは、飛行機が目の前までせまってくるんです。
小さい飛行機ですが、迫力がありますよ~。

売店で販売しているお土産です。
空港どら
空港どら2
「空港どら」亀印製

茨城と言えば、水戸黄門様。
黄門様が県花の「バラ」を持って飛行機に乗っているのは、ちょっと笑える?かな。

かりんとう饅頭2
こちらは「かりんとう饅頭」亀印

今後定期便が増えてくれることを期待していまーす。
2010年05月22日 (土) | Edit |
牡丹が大輪の花を華やかに咲かせています。
八重や一重と種類によって可憐さもあり、表情豊かな花ですね。

牡丹
「ぼたん」吉影屋製

2010年05月21日 (金) | Edit |
いつも行列がすごいので、並ぶ時間がなく横目でみつつ通り過ぎていました。
今日はラッキーなことにそんなに待つことなく買うことができました。


年輪屋2
年輪屋1
「マウントバーム」ねんりん家製

外がカリカリで中はしっとりというご説明のとおりで、
バターもふんだんに使われているお味に満足でした。
2010年05月20日 (木) | Edit |
シュガーバターと言うフレーズがなんとなく購買意欲をそそり、
ちょっとお店を覘いてみると、この商品しか売ってない!!
シリアル生地にシュガーバターをたっぷりとぬって焼いたものに、
ホワイトチョコレートをサンドしたお菓子です。
見た目パイかラスクかと思っていたら、シリアル???ふ~んシリアルなんだぁ~。
朝食にもお勧めです。

シュガーバター
「シュガーバターサンドの木」銀のぶどう製
2010年05月16日 (日) | Edit |
丹波黒大豆は有名ですね。
その大粒の丹波黒大豆の風味を生かし、甘さをおさえて
あっさりとしたしぼり納豆に仕上がっています。

丹波の黒豆
「しぼり納豆」阪本屋製

自然の甘さが引き立つようなお味で、栄養になりそうです。
2010年05月15日 (土) | Edit |
ゴールデンウィークに今旬の四国へご旅行に行かれた方からのお土産です。
高知の桂浜はとっても混んでいたそうです。

柚っこ1
柚っこ2
「ゆずっ子」琴松堂製(愛媛県)

白餡の上に乗っかったゆずのマーマレードがかわいくて、上品なお味のお菓子です。
大きさがキュート!!ご馳走様でした。
2010年05月12日 (水) | Edit |
赤やピンクの鮮やかな色の花が一面に咲いているつつじ山。
きれいですねぇ。
自然の色って驚くほどきつい色だったり、柔らかな色であったりと、様々です。
小さなお菓子からも膨らむイメージ。
この想像力はどの世代まで通用するのかなぁ。

つつじ
「つつじ」ふじた屋製
2010年05月10日 (月) | Edit |
大きな房を見事に咲かせている藤は優雅なお花に思えます。
でも山などで見かける野性の藤は、なんか生命力旺盛な感じ。
大きな木にからまりながら、上へ上へと伸びていて、
高いところに花をつけていますよね。
日本庭園の中で藤棚をめでるのとまったく違うイメージにちょっとビックリです。

藤
「藤」ふじた屋製

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。