--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年03月27日 (日) | Edit |
台湾のお土産です。
山芋大福ケーキと日本語で書いてありました。
色がきれいですね。
英語では「Crystal Taro Cake」と書いてあったので、タロイモなのでしょうね。
外側はパイ皮のような食感で、その間にはクリーム、中心にお餅が入っていました。

台湾土産
台湾土産2
「紫晶酥」台湾製
スポンサーサイト
2011年03月26日 (土) | Edit |
利休忌の頃なので、今日のお菓子は菜の花にしました。
「菜の花しぐれ」という銘のお菓子です。
割ってみると、黄色の次に緑が出てきて、本当に菜の花でした。

菜の花しぐれ
菜の花しぐれ
「菜の花しぐれ」清閑院製

黄味しぐれも色でこんな風に変化してしまうとは驚きです。

和菓子は色で季節を表現しています。
この時期に黄色と緑色の組み合わせだったら
「菜の花」を思い浮かべて欲しいのですが。。。

若者にはメロンパンに見えたようです(笑)

なるほど~新しい発見でした!
2011年03月24日 (木) | Edit |
有名なロールケーキですよね。
しかし、私お初なんです。

並んで買うのは嫌だし、午前中買っても帰りまでどうする?と思うと
なかなか買うチャンスがありませんでした。

今日はデパ地下もガラガラ。
並ばずに買えたので、ちょっと嬉しかったな。

堂島ロール
「堂島ロール」モンシュシュ製

確かにクリームもミルキーだし、ロールの皮の感じもグー(^^)
お値段も手ごろなので、皆さんが行列してまで買うお気持ちわかりました。
2011年03月22日 (火) | Edit |
京都のお土産の続きです。

京都限定のお菓子のようです。
箱を開けた瞬間、「かわいぃ~♪」と叫んでしまいました。

祇園店だけの販売だそですが、さすが京都という柄のボンボン。
まいこちゃんボンボン
「京まいこちゃんボンボン」俵屋吉富製(祇園店限定)

春は近くに来ているのよねぇ。
2011年03月21日 (月) | Edit |
京都のお土産をいただきました。
松露です。
シンプルなもの程味の違いが出てくるものです。
素材も厳選されているのでしょうが、
口に入れた時の柔らかさ、何とも言えぬ美味しさです。
「おいし~(*^。^*)」と声に顔に笑みがこぼれます。

駿河屋松露
「不盡味 松露」二条駿河屋製

2011年03月19日 (土) | Edit |
東日本大震災で被害にあわれた皆様に謹んで哀悼の意を表します。

東北地方の津波や福島の原発のニュースを見ると胸が痛いです。
その他にも被害は各地に及んでいると聞いております。
実は、茨城もかなりの被害を受けています。
私の家も地割れや工房の破損被害を受け、どうしたものかと思いめぐらせております。

そんな中、普段の生活をいつものようにすることの幸せを実感いたしました。
今日はその1歩として、お茶をいただきました。

花弥生
「花弥生」鶴屋吉信製

心安らぐひと時でした。
2011年03月07日 (月) | Edit |
とてもかわいいおせんべい?チョコ?をいただきました。
”チョコあられ”と書いてあります。
そのとおりです!!

チョコあられ
「想ひそめし」小倉山荘製

チョコあられを食べた後に和歌が出てくるんです。
なんて風流なんでしょう♪

・・・・・
壬生忠見の「恋」を主題にした和歌より発想した「想ひそめし」は、
小粒のあられをチョコレートで包み、白と紅の恋の想い花を散りばめました。
雅な愛の心情に思いをはせてくだされば幸いでございます。
・・・・・
とお店の紹介にありました。

小さなお菓子ですが、とっても贅沢な奥の深いものでした。
2011年03月06日 (日) | Edit |
今年の冬に神戸に行った時に、アラカンパーニュのケーキを食べ損ねてしまいました。
残念!!と思っていたら、近くにお店があるではないですか。

柏のアラカンパーニュのお店はカフェになっていて、雰囲気も素敵です。
1回利用したことはありましたが、その時はお店の名前なぞ気にもせずランチを食べた記憶があります。

ケーキが無性に食べたくなり、夜の9時頃に開いているお店を考えたら
偶然にもここのケーキを思いつきました。

ケーキ1
「ガト・オ・フレーズ」
ケーキ2
「タルト・オ・フレーズ」
ケーキ3
「タルト・オ・ミルティーユ」ア・ラ・カンパーニュ製

素材を大切にしたお味ですね。
2011年03月05日 (土) | Edit |
今日のお菓子は「お雛さま」です。
シンプルな形ですが、お内裏様とお雛様に見えてくるから不思議です。

お菓子のお顔があまりリアルですと、食べられなくなりますので、
このくらいがよいのかもしれません。

少し過ぎてしまっていますが、気分だけでも楽しみたいと思います。
それとともに、お節句の始まりやその後の古の風習ことについて少し学びました。
このような季節の行事を楽しむことに日本人的な癒しを感じますねぇ。

お雛様
「おひなさま」吉影屋製

2011年03月03日 (木) | Edit |
「マドンナだんご」って名前がかわいい。
どんなものなのだろうか?と興味深々です。

三色だんごの味が、イチゴ、ミルク、カフェオーレと、洋テイストの和スウィーツ。
中には求肥が入っています。

ほんのり味は美味しくて、後を引きます。

夏目漱石の小説「坊ちゃん」が世に出て100年を記念して造られたお菓子だそうです。

マドンナだんご
「マドンナだんご」一六本舗製

今日は雛祭り、お雛様おひとつどうぞ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。