--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月26日 (日) | Edit |
近くのスーパーで新商品としておすすめしていたプリンです。

「濃抹茶プリン」へぇ~、どんなものなのかな?と興味津々。
早速試してみました。

抹茶プリン
抹茶プリン2
「辻利濃抹茶プリン」北海道乳業製

創業150余年の歴史を持つ「京都宇治 辻利」とのコラボ商品とのこと。

『プリン部分は抹茶本来の濃厚な風味と味わいにこだわり、宇治抹茶を更に増量。
ほろにがい抹茶プリンに、甘く濃厚な黒蜜ソースを組み合わせることで一層贅沢なおいしさに仕上げました。
北海道の良質な生乳を使用し、程よいコク味を表現しました。』
~北海道乳業さんのHPより抜粋させていただきました~

抹茶味は濃厚なのですが、
抹茶に対して、黒蜜ソースの味がちょっと勝っちゃっているかなぁ…と。

でも手ごろなお値段でいただけるのは嬉しいです(^^)


スポンサーサイト
2012年02月25日 (土) | Edit |
「ひな祭り」が近くなりますと、お菓子もお雛様カラーのものが多くなります。
桃色のかわいらし~ぃものから、菱餅の色使いのものなどが代表的ですね。

今日のお菓子は、まさにそのお雛様カラーです。

桃がさね
「桃がさね」清閑院製

浮島なので、フワッと優しいお味でした。
2012年02月21日 (火) | Edit |
「紅梅深按色」という句のように、梅の咲くころになると
そろそろ何かを始めようか、どこかへ出かけようかなどと
行動的なことを考えるようになりませんか。

今年の春は季節を楽しむ余裕が欲しいものです。

梅を見に行きましょうかねぇ。
でもまだ寒いよぉ~

紅梅2
「紅梅」ふじた屋製
2012年02月20日 (月) | Edit |
とってもキュート♡なチョコレートをいただきました。

ガスチョコ1

ねぇっ♪
箱のキャラ見ただけで、癒されますよね



「ガスパールとリサ」のチョコレートです。

ガスチョコ2
かわいぃ~♪
大人でもワクワクしちゃいます Y(^。^)Y

リサチョコ
リサは「りんご味のガナッシュをホワイトチョコレートでコーティング」
ほのかなりんごの優しい味で、爽やか。

ガスチョコ
ガスパールは「キャラメル味のガナッシュをミルクチョコレートでコーティング」

ガスチョコ3
キュートな形でしょ♡

箱の中に物語が詰まっているようで、
チョコレートを食べて自分もそのお話に入り込んでいるような気分になりました。

楽しみながら、いただきました。

2012年02月18日 (土) | Edit |
今日のお菓子は「梅」です。

今年は寒すぎて、梅のつぼみも固いようです。
水戸偕楽園も一分くらいしか咲いていないと言っていました。

梅の香りが早く春を運んできてくれることを願っています。

紅梅
「紅梅」吉影屋製
2012年02月17日 (金) | Edit |
銀座三越さんのデパ地下で
愛媛県フェアをやっていました。

みかんや伊予柑、ゆずと柑橘類のお菓子が多く、
「みかんの大福」はみかんがまるまる1個入っていました。

どれにしようか迷いますが、伊予柑のタルトは食べたことがなかったので、
こちらにしました。

伊予かんタルト


伊予かんタルト2
「いよ柑タルト」永久堂製

ゆずほど香りが強くないので、そんなに伊予柑は主張せず、
甘さ控えめの餡でした。

地元の産物を使ってのお菓子作りは、郷土色があり印象に残りますね。

愛媛の伊予柑、おいし~です♪
2012年02月14日 (火) | Edit |
今日は「バレンタインデー♡」ですねぇ。

先日いただいたチョコレート、これ↓、今話題のチョコレートショップ「Blondel」さんのものでした(^^)

blondel

なにがすごいって、本店はスイスのローザンヌにある老舗チョコレートショップ・1850年創業
そのお店の”世界初進出”が”東京・銀座”ということで、話題になっているようです。

パッケージもスイスの国旗♪どんなお味なのか楽しみです

blondel2
トリュフ5種(Noir,Lait,Cannalle,Cacao,Blanche)

毎日手作り、しかも100%純粋なスイス製ミルクとクリームを使っているそうで、
新鮮&柔らかいのが特徴のようです。

確かにふわっとした口当たりでした(^^)

しかし上品な大きさです。
1個10gらしい。

ホワイト系は少し塩分があるのが特徴のようにも思えました。

トリュフの他にもプラリネやコンフィズリーなど種類も豊富なようですので、
是非今度はショップへ行って他のお味もいただいてみたいと思います。

チョコレートも奥が深いですなぁ
2012年02月11日 (土) | Edit |
今日のお菓子は「水仙」です。

水仙は雪の中でも咲き、春の訪れを告げるので「雪中花」とも呼ばれているそうです。

中国では、水辺を好み微香を放つ花の姿が仙境を感じさることから「水仙」と命名されたようで、
それが日本に伝わってきたとき,そのまま音読みされたようです。

有名な話は、「水仙=Narcissus」の語源とも言われているギリシャ神話。
美少年ナルキッソスが水辺に映る自分の姿に恋してしまうが、水面の彼はそれに答えてはくれず
ずーっと立ち尽くて待っていたのに、ついには憔悴して死んでしまったと。
そしてその姿が、水仙に変わったと言われています。

そのため花言葉は「自己愛」「うぬぼれ」「愛に応えて」などなど。

種類もたくさんあるようです。

その中でも一番好きな水仙は「日本水仙」です。
小さくて可憐な花の放つ香り、「春はもうすぐだよ♪」と言ってくれているようです。

水仙
「水仙」吉影屋製
2012年02月08日 (水) | Edit |
とっても濃厚なマロンプリンです。

マロンプリン
「マロンプリン」銀座千疋屋製

中央には渋皮付の栗1ケがそのまま入っています。
その周りはほろ苦いカラメルゼリー、
そして濃厚なそのまんまマロンって感じのプリンです。

ちょっとだけ洋酒が効いていて、大人のプリンですね。

美味しくいただきました♪
2012年02月06日 (月) | Edit |
雪国の冬は厳しい自然との闘いですね。

連日ニュースでは豪雪による雪の処理、高齢者の方の大変な生活等々
毎日雪かきしている姿をみると、逞しさに頭が下がります。

そんな雪国の秋田からお土産をいただきました。

秋田の諸越糖は有名ですね。
材料は、良質な小豆粉と徳島原産の和三盆糖ということです。
少し焦げた風味がなつかしい味に思えます。

炉ばた
「炉ばた」かおる堂製

白・こがし・抹茶・焼きなどの種類があり、形もいろいろあり面白いです。


説明を見て見ると、
炉ばた2
12種も形があり、秋田の風物詩がデザインされているようです。

なるほど、なるほど…じゃぁこれは何かな?と包装を解く瞬間が楽しみなお菓子でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。