--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年06月30日 (土) | Edit |
九州では大雨の被害が出ていて、大変なようです。
関東は雨が少なく、蒸し暑いです。
梅雨時ではありますが、気分だけでもスッキリしたいですね。

そんな時、一服の熱いお茶が心を静めてくれます。

青楓
「青楓」房洋堂製

青楓の爽やかなお菓子と共にどうぞ。
スポンサーサイト
2012年06月23日 (土) | Edit |
今日のお菓子は「水無月」です。

関西方面ではお馴染みのお菓子のようですが、
関東ではこの季節に登場してきます。

「氷室の節会」の氷を模したお菓子ということで、6月に登場。
その名もズバリ「水無月」です。

水無月
「水無月」紀の国屋製


お茶の稽古をしておりますと、毎年同じお菓子をいただけることに喜びを感じるようになってきました。

またこの季節かぁ…早いなあとも感じますが、
健康に美味しくお茶とお菓子といただいて、1年を過ごしてきたのだなあと実感も致します。

健康に日々を過ごすことを願っていた古の慣習に対しても年齢と共に理解が深まってきました。




2012年06月21日 (木) | Edit |
妹が買ってきてくれました。

これを買うことが出来るのは物産展の会場で、しかも行列に並ばないと入手できないようです。
ありがと~(^O^)

早速今日のおやつにいただきましょう♪

栗のカステラ焼と言いますか、大判焼の栗バージョンって感じです。

1個がとても大きいです。
わぁ~(^^)、食べられるかしら???

栗福
「栗福」小布施栗菓製造製

な~んて心配しておりましたが、無用でした。

中身はほとんどが餡です。それも栗餡ですよー
そして、その中心には栗の渋皮煮が入っていました。


栗福2

栗餡は「純栗餡」ということで、栗オンリー
美味し~です。

かなり満足度の高いおやつでした。

皆さんが並んでまで買われる気持ちわかりますねぇ。
2012年06月17日 (日) | Edit |
涼やかなお菓子です。

「えち川清涼」と銘の横に書いてありましたので、
鈴鹿山脈から近江へと流れている愛知川の景色なのでしょうね。

澄んでいてきれいな川面、緑の木々と美しい風景が想像できます。

清流
「ぎん鱗」菓道冨来郁製

左点前にお魚さんもいますよ。

冷たくして美味しくいただきました。
2012年06月16日 (土) | Edit |
朝から雨がシトシトと降っています。
梅雨ですからねぇ、このお天気も仕方ないかなあ。

こういう時季こそ「雨」を楽しむ方法をさがさなくては

今日のお茶の稽古のお軸は「山翠添新雨」でした。

雨の風情で周りの景色が素敵に変わることを喜んでいるではないですか。
そうです、視線を変えてみると違った世界が広がっているものです。

この季節ならではの楽しみを見つけてみましょう♪

あじさい
「あじさい」吉影屋製

あじさいも雨にぬれると一層美しくみえます。

2012年06月15日 (金) | Edit |
雨の季節、傘は手放せないです。

どちらかというと折りたたみ傘派なのですが、
”こんなイメージの傘を和服でさしたら素敵かなぁ”と食べながら思っていました。

しぐれ傘
「わすれ傘」大原女家製

でも銘を見てドキッ。
そうなんです、私も傘の忘れ物が多いので…
って違いますよね。

どういう意味なのか調べてみますと、

大原女家さんのHPお菓子の紹介では、

「知恩院七不思議で知られる、左甚五郎の忘れ傘にちなんで考案された菓子で、洛東の風情が感じられる一品です。」とのこと。

知恩院の七不思議??って何?
私と同じ疑問をお持ちの方は、「知恩院の七不思議」をご覧ください。

今度京都へ行ったら「知恩院」訪問決定です。
いつかなぁ…
2012年06月14日 (木) | Edit |
暑さも蒸し暑い感じが段々強くなってきます。

こうなると、冷たいお水に涼を感じるようになりますねぇ。

今日のおやつは「山清水」
お菓子の銘に「水」が使われているだけでも、少し涼しげな気がします。


山あいから湧き出る清らかな流れを干し琥珀で表現したものだそうです。

山清水
「山清水」鶴屋八幡製

山清水2
包装のイメージからして清涼感が伝わってきます。

こういう表面のシャリッとした食感、けっこう好きなんです。
2012年06月10日 (日) | Edit |
奥出雲、仁多地方のお土産です。

「仁多」は古くから米づくりが行われていて、日本でもトップクラスの品質のお米だそうです。
肥沃な土壌とミネラル分をたっぷり含んだ清水、そして稲作に適した気候、
美味しいお米が出来ないわけがないですねぇ。

そんな「仁多米」を使ったお菓子です。

お米をソフトに焼き上げたものをチョコレートで練り上げている軽い口当たりのお菓子です。

仁多日記
「仁多日記」

お米とチョコもあいますねぇ。
2012年06月09日 (土) | Edit |
今日関東も梅雨入りしてしまいました。
ちょっと残念!!

今日のお菓子は「青梅」です。
なかなかリアルでしょう。

青梅2
「青梅」なかの製

外郎生地の中は味噌餡でした。


偶然ですが、昨日水戸の偕楽園に行ってきたんです。
同じように梅の木にたくさんの青梅の実がついていました。

梅

このお菓子を見て、本当に梅の実かと思ってしまいました~(^^)
2012年06月06日 (水) | Edit |
「あやめ祭り」を開催しているところも多い季節です。

「あやめ祭り」なら「あやめ」が咲いているのでしょうが、
この系統、似たようなお花があり、パッと見ただけで見分けられますか?

しかも漢字だと「菖蒲(ショウブ)」「「菖蒲(アヤメ)」と同じでしょぅ??
「花ショウブ、カキツバタ、あやめ」は、いつもわからなくなってしまう…

水辺に咲いているのが「カキツバタ」、陸地が「アヤメ」だったけ???

そこでしっかり調べてみました。

一番の違いとは花びらの基のところに、花菖蒲は黄色、カキツバタは白、
アヤメは網目状の模様が、それぞれあることで区別できますということです。

そうだったのですねぇ。
これなら見分けらそうです。


あやめ
「あやめ」ふじた屋製

でも、つぼみでは見分けるのは難しいかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。