fc2ブログ
2013年06月15日 (土) | Edit |
6月になると鮎の季節がやってきます。

この頃、和菓子にも鮎のお菓子が多く見られます。

稚鮎
「稚鮎」たねや製


「活潑々地 泝耀泚中」 

「魚が勢いよくはねている 水の流れを遡りながら透明な水の中で光っている」というように
近江の稚鮎に見立てたものだそうです。


鮎は「香魚」とも言われ、味もさることながら香りを楽しむ季節の魚です。

そんな鮎、水の中でキラキラ輝きながら、川を遡ってきます。

そこをエイッと漁するんですよね。

魯山人さん曰く、鮎は釣ってから10時間以内に食すべし。
出来れば3,4時間以内に食すがよしとのこと。
川魚は鮮度が一番ってことですかね。

鮎についての談義が茶道の稽古中にありました。
こんな話を聞いていると、実際に食べたくなります。

でも今日はお菓子で我慢かな。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック