fc2ブログ
2013年06月29日 (土) | Edit |
今日のお稽古のお菓子は「水無月」です。

水無月
「水無月」田中清月堂製



明日は「夏越祓(なごしのはらえ)」。
1年のちょうど折り返しにあたる6月30日にこの半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です。

具体的には、紙の人形(ひとがた)に姓名・年齢を書き、それで身体を撫でてお浄めをしたものをお納めすると川に流してくれることや、

神社の鳥居の下や境内にチガヤで作られた大きな輪「茅の輪」が登場していて、
「茅の輪くぐり」をすることでお浄めとなります。

いずれも、夏の疫病や災厄から免れるためのもので、昔から続いている神事です。


その時にいただくお菓子がこの水無月です。

水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形のお菓子。
これにも意味があるって知ってますか。

水無月の上部にある小豆は昔から邪気を払うと言われていますし、
三角の形は暑気を払う氷(氷室の節会の氷)を表しているといわれています。

シンプルなお菓子のようですが、昔から受け継がれているものがたくさん詰まっているものなのです。

この夏の暑さを乗り切れるよう、皆でいただきました。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック