fc2ブログ
2014年10月28日 (火) | Edit |
今日のおやつは仙台のお菓子です。

「支倉焼」でーす。

このお菓子の由来は、「支倉六右ェ衛門常長」さんがスペイン領国との通商交渉のため、伊達正宗の命により1613年日本の大使として初めて、太平洋を横断、2年後にローマに到着
法王パウロ5世に謁見して指名を果し、出発以来7年後に帰朝したそうな。
東西交流のため奔走した常長の偉業を思い、和洋織りなすこの菓子の名に冠したとのことです。

壮大なストーリーが背景にあるのですね(^^)

このお菓子昔から大好きなので、あまり難しいことは考えずに食べておりましが、ちょっと名前が仙台っぽくない気がして覚えられなかったのを記憶しております。

伊達様の時代の偉業とあらば、ザ・仙台そのものでしたね

支倉焼
「支倉焼」ふじや千舟製

支倉焼2

中はクルミの入った白餡で、バター風味の皮との相性抜群。
洋菓子のような和菓子です。

初めて食べた時「おいし~♪」と感激しました。
それは今も変わらないです。

ひとつひとつ丁寧な手作りのおいしさ、愛情いっぱいのお菓子です。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック