fc2ブログ
2015年01月17日 (土) | Edit |
今日のお菓子です。

「やまかつら」は松平不昧公生誕250周年を記念して作られたお菓子だそうです。

DSCF1005.jpg


DSCF1007.jpg
「やまかつら」彩雲堂製

***彩雲堂さんより***

松平不昧公の茶会に用いられた菓名の記録を紐解き、当時の茶会に思いを馳せて創作しました。

東雲羹(小豆羊羹)、黒糖羊羹、叢雨(餡そぼろ)を重ね合わせたお茶席向けの一品です。

不昧公いわく、
「客の心になりて亭主せよ。亭主の心になりて客いたせ。」
一服のお茶が味わい深いものになりますよう念じております。

とのお菓子です。



緑色が松の常磐を想像させるので、1月のお菓子としてとってもあっているなと思いました。

不昧公は茶道具を買いすぎて松江藩は財政難になったという話ですが、
私どももそれにあやかるくらいお道具を買ってみたいものでございますぅ。
宝くじにでも当たらないと難しいわね。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック