fc2ブログ
2015年06月20日 (土) | Edit |
このお菓子を見ると、今年ももう半年過ぎてしまうのだなあと感じます。

最近は、6月30日「夏越の祓」の時に一緒にいただくお菓子として登場してきます。

s-DSCF1737.jpg
「水無月」田中清月堂製

旧暦6月1日の宮中行事「氷室の節会」では、夏を迎えるにあたり氷室に保存していた氷を口にすることで病気にならないと伝えられています。
庶民にとっては氷は貴重なものなので口に出来ません。
その代わりに三角のお菓子を氷に見立ててて、食べたそうです。

水無月の形も三角形、やはり氷を表しているのでしょうね。
そして上にのっている小豆は邪気を払うもの。

そこからだんだんと「夏越の祓」に結びついてきたのでしょうか。

6月の三十日には「夏越の祓」として人型に身の汚れを移して川に流したり、茅の輪をくぐることで身を清めたりと、その土地によって様々ですが、お祓いをして身を清め、暑い夏を無事に越せるように備えます。

その時邪気を払ってくれるお菓子として「水無月」を食べるよう!
というようなイベント菓子になりつつあるように感じます(特に関東)。

今の和菓子業界では日にち限定のお菓子が人気となるためか、関東では6月29日、30日限定なんてお店多いですから。

まあいろいろな思惑と伝統行事や風習が結びついているので、どれが正しいとも言えないのでしょうね。

今年も「水無月」食べて、夏を乗り切りましょう♪



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック