FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年09月07日 (月) | Edit |
平安時代からの宮中行事として、重陽の節句(9月9日)の朝、前日菊の花にかぶせておいた真綿についた菊の露で顔や体を清めたそうです。
そうすることで千年も寿命が延びるとか

「菊の着せ綿」と言われ、菊は邪気を払い長生きする効能があると信じられていたため、
不老長寿を願う行事として行われていたようです。

五節句の中のひとつですが、あまりメジャーな行事ではないですね。
でもお茶席では趣向でよくお見かけ致します。


s-DSCF2470.jpg
「菊」ふじた屋製


着せ綿のお菓子が見つからなかったので、気分だけでも菊にしてみました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。