--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年11月11日 (水) | Edit |
北陸の有名な干菓子ですね。

「薄氷」
宝暦2年(1752年)、時の当主が庭でネコヤナギに気をとられ、水たまりの薄氷を踏み割った。
その不定形に裂けた氷の美しさをお菓子で表現したものだそうです。


「薄氷」五郎丸屋製

不定型な美に注目するなんて、すっごい審美眼の持ち主だったのですねぇ。

といつも感動するお菓子です。
が、お茶の生徒さんの注目はお菓子の形ではなく
このお菓子屋さんのお名前



「五郎丸」が今ブームなのでこのお菓子なのですか?

えっそっちかい

そこには気づかなかったので、教えてくれてありがとう(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。