fc2ブログ
2009年01月10日 (土) | Edit |
今日は、初釜でした。
お菓子は「花びら餅」です。
裏千家の初釜のお菓子だそうです。

初めて食べたときは、何故「ごぼう???」と驚いたものですが、
由来を調べてみると納得です。
平安時代、宮中では「御歯固め」という新年の儀があり、
鏡餅に猪、鹿、押し鮎、大根などを食べ、長寿健康を願いお祝していたようです。
時代が下がると簡略化され、餅の中に食品を包んだもの(宮中雑煮とよばれた)を
公家に配るようになり、さらには鮎はごぼうに、雑煮は餅と味噌餡を模したものに変化してきたようです。

明治時代に裏千家家元十一世玄々斎が禁裏より許されて初釜に起用したのが、
お菓子としての、花びら餅の始まりのようです。

な~るほど♪ だから初釜で花びら餅をいただくのですね。

川端道喜さんが宮中お出入りでしたので、元祖のようです。
(一度食べてみたいものだわぁ~。。。)

鶴屋吉信さんでは、これを昔から御所鏡と名づけて、独特の製法で伝えているとのこと。
毎年いただきますが、おいし~(^v^)です。羽二重餅の味といい、餡の上品さはさすがです。
今年もお稽古がんばろー!!とちょっと思ったかな。

御所鏡
「御所鏡」鶴屋吉信製





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック